☆ならまちのお話☆

こんにちは、スタッフの鍋田です。

なべたさん

秋は修学旅行シーズンですね。クリニックにいらっしゃる小学6年生のお子様の
ほとんどが京都・奈良へ行かれるそうです。
そこで、私が以前 奈良に行ったときに寄ったお店について少し紹介させていただきます。

近鉄奈良駅の南に「ならまち」というところがあります。
「ならまち」とは、京都・金沢と並び、太平洋戦争の戦災をまぬがれ、
古き良き日本人の生活風景を残す、全国でも希少な町です。

その「ならまち」の一角にあるこちらのお店、
カナカナです。
1

古民家を改装したカフェで、行列ができるほどの人気店です。
私が奈良に行ったときは必ず立ち寄るお気に入りのお店です。
カフェとはいうものの、旬の素材を使ったご飯もあります。
ある日の「カナカナごはん」です。
おうちごはんのような優しく美味しいご飯です。
2
3

そしてこのカナカナの通りには、利き酒のできる
「今西清兵衛商店 春鹿(はるしか)酒蔵」というお店があります。
4

500円でおちょこを購入すればOK!
席についたら昼間からほろ酔いのスタートです。
底に鹿が彫られている奈良らしいおちょこはお土産に持って帰れます。 5

季節ごとにおすすめをチョイスしたもの5種類、お店の方が説明しながら
注いでくださいます。
5種類をいただき終えると『では最後にデザート感覚で…。』と、
出してくださるのが この発泡純米酒「ときめき」です。
6

原料米は「ひとめぼれ」、冷やして飲みます。
フルーティーな微炭酸で、日本酒が苦手な人におすすめです。
低アルコールですから、のど越しはビールのように、
ゴクッゴクッといった感じで飲めます。
100%ジュースで割って飲んでもおいしいので、毎回買って帰ります。

ならまちには、古き良き日本のなつかしさを感じさせてくれる
工房、雑貨屋などほかにもいろいろあります。
奈良に行かれた際は、ぶらりと2~3時間…
休憩をしながら、のんびりお散歩してみてはいかがでしょうか。

クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA