☆紫外線と目のお話☆

こんにちは。スタッフの野村です。

暑いと感じる日が多くなってきましたね。紫外線が気になる季節です。

紫外線による肌の日焼けを気にしている人は多く、日焼け止めを塗ったり、
日傘をさす人は増えていますが、紫外線による目への影響を気にしている
人はまだ少ないと思います。 

紫外線は視力低下を引き起こす「翼状片」や「白内障」の原因となると
考えられています。

  • 翼状片…白目の色素の細胞が異常に増殖して黒目に食い込んで
    しまって起こる目の病気です。白目と黒目の境界が紫外線で傷つき、
    その防御反応や修復の過程で起こると考えられています。 
    初期症状では充血や異物感、ドライアイ、眼精疲労などがあらわれます。
    瞳孔の近くまで白目が侵入すると視力障害が起こる場合もあります。 
    また、耳側から差し込む紫外線は鼻側に集まりやすいため、
    目の鼻側から発症するのが特徴です。
  • 翼状片

  • 白内障…水晶体のたんぱく質が変性し、次第に濁ってくる目の病気ですが、
    その濁りの原因の一つに紫外線が影響していると考えられています。

白内障

目を守る紫外線予防や対策として、「サングラスやUVカットのコンタクトレンズ」
「つばのある帽子」「ビタミンCを摂る」などがあります。

  • サングラスやUVカットのコンタクトレンズ…サングラスは薄い色の
    サングラスがよいようです。 濃い色のサングラスの場合、瞳孔が開き、
    紫外線をうけやすいです。薄い色のサングラスの場合は、瞳孔が開かず、
    紫外線が入ってきても目の奥まで届きにくいのです。 
    また、サングラスは大きい方が効果的です。
  • サングラス

  • つばのある帽子…つばが7cm以上のものがオススメです。
    形は、左右正面から入ってくるのを防ぐハットタイプのほうが良いです。
    キャップタイプは正面からの紫外線を防いでくれます。
  • ぼうし

  • ビタミンCを摂る…ビタミンCを多く摂ると白内障が40%減少したという
    結果が出ているそうです。 ビタミンCを多く含む食品の例としては、
    イチゴ、レモン、赤ピーマン、ブロッコリーなどです。
  • レモン

    私も自転車に乗る事が多いので、帽子やサングラスで紫外線対策を
    したいと思います。 

    皆さんも目を守るためにも紫外線対策を行い、少しでも目に違和感を
    感じた場合は、眼科医に相談してくださいね。

    ↓クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

    にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    コメント

    お名前 *

    ウェブサイトURL

    CAPTCHA