★コンタクトレンズのお話★

こんにちは!スタッフの橋口です。

新学期からコンタクトデビューされた方も、初めの頃に比べ、
ずいぶん慣れてきたことと思います。
コンタクト2
今日は、大切な目をトラブルから守るための正しいコンタクトレンズの
使い方を、ご紹介しますね。

※トラブルは慣れた頃が要注意!!
コンタクトレンズを使い始めた頃は、正しく使っていたのに、慣れてくると
装用時間もケアもいい加減になりがちです。
朝から夜まで長時間装用している方も多いと思います。
また、装用前の手洗いも簡単に終わらせている方も多いのではないでしょうか?
手の汚れは水だけでは落ちません。必ずせっけんでよく洗って下さいね。
手洗い
トラブルの原因のほとんどは、手抜きケアや間違った使用方法によるもの
ですので、気をつけて下さいね。

※充血・痛みの自覚症状は、目からのSOSです!!
コンタクトレンズの装用によって、目に何らかの異常を体験した人の多くが、
目の充血と痛みを感じています。
目の充血
「これくらい我慢できる」とついつい充血や痛みを我慢しがちですが、これは
トラブルのサインであることが多いのです。
また、目の乾燥や異物感を感じる方も多くいます。
そうした症状がある時は、早めに眼科を受診するようにしましょう。

※定期検査がトラブル防止の近道!!
初期の段階では自覚症状のないトラブルもありますが、近視の進行や
目の形状の変化、コンタクトレンズ自体の変化などによって、使用している
レンズが、いつの間にか目に合わなくなっていることもあります。
目の健康を守るために、必ず定期検査を受ける習慣をつけて下さいね。
検査

コンタクトレンズは正しく使うと、毎日の生活に便利なものです。
視野が広い・顔の印象が変わらない・スポーツに便利などアクティブな
生活をサポートしてくれます。

一方で、コンタクトレンズは、目に直接つけて使用するもので、使い方の
ルールを守らなければ、深刻な眼障害などのトラブルを引き起こしかねま
せん。そのため、コンタクトレンズは、適切な管理が必要なものとして、
心臓ペースメーカーや人工関節などと同じく、高度管理医療機器に指定
されています。

コンタクトレンズの正しい知識を知り、適切な使用方法を守って、快適な
生活を楽しんで下さいね。

↓クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA