◆目の錯覚のお話◆

こんばんは、視能訓練士の福森です。
今日はクリスマスイブですね(*´∀`*)心なしかウキウキしますね!
皆さんはお家に帰って、豪華なお食事をするのでしょうか?☆
(ちなみに我が家は普通の和食だそうです…) 

今日はいつもと趣向を変えて、「錯視」を実感してもらおうと思います♪
錯視とは字の通り、目(視覚)の錯覚のことです。
※現在、錯視が人体に有害な影響を与えるという証拠はありませんが、
車酔いなどを起こしやすい方はこの先の画像にご注意ください。

下の画像をご覧下さい。
illu6-1

真ん中に置かれた2本の棒の長さは同じに見えますか?
下の棒の方が短く見える気がしませんか?
これは「ポンゾ錯視」と呼ばれるものです。

では、次はどうでしょう。
itachoco

板チョコの隙間に灰色の埃のような物体が見えて来ますよね?
これは「ハーマングリッド効果」と呼ばれます。
不思議ですねー(・д・)!

なぜ錯視が起こるか、ということなのですが、脳や神経活動が騙されることにより
起こります。
しかしまだ原因がはっきりしていないのです。
原因は分からなくとも、騙される脳…何だか素敵ですね(´∀`)

では最後に…
じーっと見ていると、回転しているように…
見えてくるはずです…!
rothearts

引用させていただいたサイト様にはもっとたくさんの錯視画像があります。
ぜひ体験してみてくださいね♪

引用
http://www.nidek.co.jp/illusion1.html

http://www.ritsumei.ac.jp/~akitaoka/

↓クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA