スポーツと目の関係のお話☆パート2

こんにちは、スタッフの山田です。
このところ春というより、初夏のように暑い日が続いていますね。
軽くスポーツをしても汗びっしょりになりそうですね。

今回は、先月お話した「スポーツと目の関係のお話」の続きになります。
みなさんは「深視力」という言葉を聞いた事がありますか?
これは遠近感や、立体感を見る視力のことです。
これを測定するための検査を「三桿(さんかん)試験」といいます。
大型2輪免許や2種免許の試験で行われているものです。

三桿試験とは、3本の棒のうち両側の2本が固定され、真ん中の1本が前後に
移動し、3本が並んだと感じたときにボタンを押し、そのズレを測定します。
つまり、前後の距離感を測定するものです。
深視力
三桿試験

たとえば、サッカーは22人のプレーヤーが複雑なフォーメーションでたえまなく動く
スポーツです。一瞬にしてプレーヤーの前後関係を判断できなくては、適切なパス
を出せません。また、センタリングされたボールのシュート、ヘディングなどの
タイミングは、絶妙な距離感があってこそです。
ヘディング
深視力がサッカー選手にとって非常に大事な能力であることがわかります。

また深視力と同じ様にスポーツのシーンで活躍する視力のひとつに「瞬間視」が
あります。これは、様々な動きをもつ対象物を一気に捉え、把握し、それに対応
する能力のことです。たとえば、バレーボールのスパイクを打つときなど、一瞬の
うちにどこに打つかを決めなければなりません。
スパイク2

サッカーのパスも「瞬間視」を必要とするいい例です。
様々な動きをするディフェンダー、そして味方チームのプレイヤーの動きを一瞬で
捉え、判断し、最適なコース、最適なスピードでパスを出す。
まさに「瞬間視」が発揮されているといえます。

日常生活ではなかなか意識される機会の少ないこの「深視力」と「瞬間視」。
積極的に体を動かすスポーツでこそ発揮される、興味深い目の能力ですね。

次回は、スポーツ選手はどう視力矯正しているか、というお話をしたいと思います。

↓クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA