複眼のおはなし☆

こんにちは。スタッフの岩田です。

私たちは目を2つ持っていますよね。サルやチーター、イルカなどもそうです。
でも私たちと違った目の種類もあるのです。
今日はそんな目についてのお話です。

秋になるとよく見かけるトンボの目は2つに見えます。
トンボ
実はこの2つの目の中にもっと小さな目がたくさん集まっているのです。
私たちの目は「単眼」という種類になり、トンボのような目を
「複眼」と呼んでいます。

「複眼」とは?
トンボなどの目を見ると、小さな粒のようなものがたくさん見えます。
この粒一つ一つが目だったのです。それを「個眼」と呼び、その集まりを
「複眼」と言います。これらは、昆虫に多く見られる目です。

「個眼」は何個あるの?
 ・トンボ        ・・・1万個を超えます(飛んでいる小さな虫でもよく見えます)
トンボ目

 ・カブトムシ   ・・・1万3千個~2万2千個
            (夜間に活動するためトンボのようによく見えません)
カブトムシ
 
・アゲハチョウ   ・・・1万2千個~1万8千個
            (オスはメスを視覚で探すためオスの方が個眼は多い)
アゲハチョウ

一般的に「個眼」の個数は視覚が重要な役割をする昆虫ほど
多いと言われています。また、カマキリの目も複眼なのですが、
夜になると黒くなります。なぜ黒くなるかというと、黒色は
目で見える光(可視光線)すべてを吸収するため暗いところでも
よく見えるからです。
カマキリ
カマキリの目は、さらに工夫されているのですね。

このように昆虫は「複眼」を持つなどで生活に必要な能力を
身につけているのです。
目をいっぱい持っているなんて不思議ですね。

↓クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA