アロマセラピーのお話

こんにちは!スタッフの橋口です。
今日はアロマセラピーについて、お話しますね。

みなさんが幸せな気分になる香りは、どんな香りですか?
レモン系・オレンジ系・ローズ系・・・人それぞれ好きな香りがありますね。
自分の好きな香りをかぐと、幸せな気分になるのはどうしてでしょう?

「よい香りをかぐと幸福感が増す」と言われていますね。
それは、香りの吸収回路において、記憶の中枢である海馬が刺激されるからです。
実際に、好きな香りをかぐとサーモグラフィーで海馬のあたりが赤くなります。
このため、好きな香りによる刺激が記憶を呼び起こしていると考えられています。
例えば、小さい頃にオレンジの精油でマッサージをしてもらって
気持ちよかった記憶が、大きくなった時にスーパーでかいだオレンジの香りを
「よい香り」と感じる」だけでなく、「なんだか気持ちよい」と感じるのは
その思い出を、はっきりではなくても思い出しているからなのです。

つまり心地よい体験は、香りと結びつき記憶され、また同じ香りによって
記憶が呼び出されて、思い出したときに感じた心地よさと一緒に記憶され・・
というように繰り返すことによって幸福感が増してゆくと説明できます。

香りで幸福感を感じられることは、ストレスに対しての緩和につながります。
現代は「ストレス社会」といっても過言ではありません。
インターネットや携帯電話などの近代科学の発達・交通機関の発達により
家族と離れて生活し、また仕事も一人でこなさなければならない量が増え
ストレスを感じさせるものはあとを絶ちません。
休息をする時間がとれていないためストレスがたまっていくのです。

アロマテラピーは、ストレスを少なくし、心を癒します。
よい香りから、「今」に対する幸福感を感じさせ、また、過去や未来から
開放されるという、癒しのマジックを起こすことができるのです。

当院では、待合室・検査室・診察室にアロマの香りを
楽しんでいただけるようにしてあります。
アロマの香りで、幸せな気分になり、リラックスしていただければ
嬉しく思います。

ランキング登録しています。「目の病気」カテゴリなんと3位にランクアップ!ありがとうございます。

↓クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

アロマセラピーのお話 への2件のコメント

  1. カツヒコ

    最近はキンモクセイの香りが漂ってますね。
    アロマが好きでお風呂でしてますが、気持ちが落ち着きます。

    >過去や未来から開放されるという、癒しのマジックを起こすことができるのです・・・

    橋口さあん詩人ですね~ 
    感動しました!

    返信

  2. admin

    >キンモクセイやハクモクセイの香りをかぐと、

     秋だなぁ・・・って感じますね。いい香りです。
     
     クリニックは、オレンジ系の香りですので、

     また、癒されに?いらして下さいね♪

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA