★夏野菜のお話★

こんにちは、看護師の松原です。

もう7月になりましたね★月日が経つのはあっという間です。
暑い日々がこれからずっと続くと思うと、今からしんどいですね…

それでは、今回は夏野菜についてのお話です。
images1

暑いからといって、そうめんや冷奴といった
冷たいものだけで済ませていると夏バテしてしまいます。
炒め物や煮物といった加熱した料理も必ず食卓に並べ、
野菜や水分を十分に摂るとこが重要です。

 じりじりと照りつける太陽に育まれた夏野菜は
ビタミンが豊富で、夏バテ対策にはぴったりです。
生で食べたり、茹でて味噌や塩などの
シンプルな調味料で食べたりするだけでも十分に堪能できます。

さて、夏野菜にはどんなものがあるでしょうか。

●トマト●
images2
栄養素) カロチン、カロチンの一種(リコピン)、ビタミンC、E、カリウム

効用) ・免疫力を高め、癌の予防 
      ・細胞の酸化、老化防止 
      ・皮膚や粘膜を健康に保つ 
      ・余分な塩分を排出し、高血圧や動脈硬化を予防

※完熟する程リコピンは増える
 生で食べるより、加熱したほうがリコピンの吸収率は高まる

●きゅうり●
images3
栄養素) カリウム、ビタミンC、カロチン、96%が水分

効用) ・余分な塩分を排出。利尿作用があり、むくみやすい人におすすめ
     ・抗酸化作用、癌予防(きゅうりの香りにポリフェノールが含まれている)

※加熱すると、利尿作用が高まる
 旬の時期は冬の2倍以上のビタミンCが含まれている
 ぬか漬けにすると、ビタミンBが摂れる

●ゴーヤ(にがうり)●
images4
栄養素) ビタミンC(トマトの5~6倍)、カリウム

効用) ・夏バテ防止に!
     ・美容に(ビタミンC)
     ・免疫力を高め、風邪の予防
     ・余分な塩分を排出。利尿作用があり、むくみやすい人におすすめ

※ゴーヤのビタミンCは加熱してもほとんど消失しない
 ゴーヤの苦味成分は胃壁を刺激して消化力を高めますが、
 食べ過ぎると胃を冷やすので、胃弱の人は食べる量に注意

上記の他にも、まだまだ夏野菜はたくさんあります。
栄養的な面で、人の身体にどのようにはたらくかという
野菜の特徴を知っておけば、夏のトラブルにも負けないでしょう。
夏野菜を美味しく食べて、夏を元気に乗り切りましょう♪

↓クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA