★酢のお話★

こんにちは!スタッフの橋口です。
暑い日が続きますが、いかがお過ごしですか?
今日は「酢」のお話をしますね。

酢には食欲増進や食べ物をいたみにくくする効果があり、
昔からさまざまな調理に用いられてきました。
最近では健康への効果も注目されており、毎日の食卓でも
積極的に活用したいものですね。

●適度な酸味で食欲増進・疲労回復
e8ede2dbda4794f6

夏バテで食欲がなくても、さっぱりとした酢の物はおいしくいただける
・・・そんなことはありませんか?
それは、のど越しのよさももちろんですが、酢の風味のある酸味が
嗅覚や味覚を刺激して唾液や胃液の分泌を促すからです。
唾液の量が増えれば食欲も増し、消化吸収もよくなります。
しかも、酢の主成分である有機酸には体内の老廃物を分解する働きがあり、
疲労回復の効果も得られます。

疲れを感じたとき、私たちは飲んだり食べたりしてエネルギーを補給しますが、
酢を一緒に摂れば、より早くそして効率的に体を元の状態に戻すことが
できるのです。

●おいしく食べて減塩効果・肥満防止
74c571dd4b1e399e

塩分の摂り過ぎに気をつけている人にとって酢はとてもすぐれた調味料です。
塩分控えめの料理は、味気なくて・・・というとき、ちょっと酢を足してみましょう。
お浸しにかけるしょうゆを半分にして酢を加えたり、炒め物にもさっとひとかけすると
味が引き締まります。

酢はカロリーもごくわずかで摂り過ぎを心配する必要もありませんし、
酢に多量に含まれるアミノ酸には肥満の原因である脂肪が体内に
蓄積されるのを防ぐ働きがあります。

●食べ物をいたみにくくする効果あり
28971404ade7a330

もうひとつの酢の主成分である酢酸には抗菌作用があり
酢の防腐・静菌の効果は昔から知られています。
夏場、お弁当のご飯を炊くときに酢を少量加えたり
生魚を酢でしめたりするのは、おいしく食べると同時に
いたみにくくするための工夫でもあるわけです。
ハンバーグなどのひき肉料理もひき肉を練るときに酢を少量加えると
肉がよりジューシーにおいしくなると同時に、いたみにくくなるのです。

36b4fd4278259b4e
ちなみに、酢と同様に酸っぱい食べ物の代表とも言える梅干しも
食べ物がいたむのを防ぐ効果がありますが、こちらの酸っぱさのもとは
クエン酸です。

これからの時期は、さっぱりしたものが食べたくなりますね。
私は酢の物やマリネが好きなので、夏はよく食べます♪
みなさんも「酢のチカラ」を活用してみてくださいね!

↓クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA