☆熟睡する方法☆

こんにちは。スタッフの山田です。
9月になって日も早く落ちるようになり、夜が長く感じられますね。

今回は熟睡につてお話したいと思います。
睡眠には人によって、短眠型、長眠型があるようで、
10時間以上眠らないとダメな人、逆に5時間眠れば
大丈夫という人もいます。
8時間以上眠っていないので、「疲れが取れない。調子が上がらない」
と思い込み、不調になってしまうケースも多いようです。

073475ba0f07e44e

 少しでも熟睡できるように良い方法を紹介しますね。

●寝室を真っ暗にしない
 人によっては真っ暗でないと眠れない人もいると思いますが、 
 部屋を真っ暗にすると不安感を覚え、緊張して眠れません。
 枕の横にランプなど置いてぼんやりさせると眠気を誘います。
 逆に明るすぎると脳が昼間と勘違いして、
 睡眠中半覚醒状態になってしまい眠りが浅くなってしまいます。
ランプ
●お風呂に入ったら、すぐに寝る
 入浴後10分~15分位で体温が下がり始めます。
 その時に1番眠りやすい瞬間がきます。
   ※熱いお風呂に入った後は、1時間~2時間たってから、
 布団に入るようにしてください。
 お風呂以外でも寝る前に1度暖めるといいようです。
 寝る前に温めた牛乳を飲むのもおすすめです。
ホットミルク
●好きな香りのものを寝室に置く
 ラベンダーなどの気分を落ち着かせるアロマ等をを置くことで
 心をリラックスさせすみやかな睡眠状態に入ります。
アロマ

●その日あった楽しかったこと、うれしかったことを目を閉じて回想する
 うれしかったことがない、というときは、好きな風景や昔あったよい思い出を
 イメージしてみてください。
 アルファ波が出てきて深い眠りを多く体感しやすくなります。

みなさんも色々試してみて、自分にあった熟睡する方法をみつけて下さいね。

↓クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA