★冷え性のお話★

こんにちは、スタッフの岩田です。
岩田さん

日に日に寒くなりましたね。この寒さに手足の冷えを感じる方も
いらっしゃると思います。
今日は冷え性についてお話したいと思います。

◆寒がりと冷え性の違い◆
寒がりとは、ちょっとした寒さにも敏感な人をいい、とくに治療を必要としません。
一方、「手足が氷のように冷えて眠れない」など冷えの症状が強く、痛みや
のぼせや下痢などを伴って、日常生活が苦痛と感じるような人の症状を
「冷え症」といいます。生まれつき新陳代謝が悪かったり、エネルギーが燃焼
しにくい体質の人に多いようです。
738f7a57b1e57f36

◆冷え性とは◆
西洋医学上の定義は「体のほかの部分はまったく冷えを感じないような温度でも、
手、足、腰、背中、ひざなど特定の部位のみがとくに冷たく感じるもの」で、検査を
してもとくに異常が認められない場合をいいます。
手足
病気とみなされないため、「体質だからとあきらめている人も多いようですが、冷えに
伴って頭痛やめまい、立ちくらみ、肩こり、腹痛、食欲不振、肥満、膀胱(ぼうこう)
炎むくみ、便秘、下痢、生理痛などを引き起こす場合も少なくありません。
haraita

ではどうして冷えを感じるのでしょう。
人の体は体表面の温度が一時的に下がっても、自然にもとに戻るように
できています。たとえば、気温が急激に下がった場合、体の表面から放熱
しないように「皮膚の毛細血管を収縮せよ」という指令が脳から出て、
血液循環量を抑制します。すると体表面は冷たくなりますが、一時的なもので、
ほぼ同時に「熱エネルギーを増産せよ」という指令が脳から内臓に出て、
体が温まります。この体温調節作用によって、通常、周囲との温度差が
30度以内なら自力で体温を維持できますが、調節作用がうまくいかない
とき、冷えを感じるのです。

私は、冬になると手足がかなり冷たくなります。手足が冷えて眠れない時も
あるので冷え性のようです。
次回は私も気になる冷え性の対策や冷え性に効く食べ物について
お話したいと思います。

↓クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA