★エコノミークラス症候群のお話★

こんにちは!看護師の松原です。
松原さん
皆さんは今年の年末年始のご予定はもうお決まりですか?
お家でのんびり、という方が多いと思いますが、
海外などで過ごされるという方もいらしゃるのではないでしょうか。

今回は、長旅の時に注意したい、エコノミークラス症候群についてのお話です。
22

●旅行者血栓症(エコノミー症候群)とは?
乗り物の座席などに長時間座っているために
下肢が圧迫されてうっ血状態となり、血栓が生じる状態を「深部静脈血栓症」、
その血栓が肺に詰まってしまうことを「肺塞栓症」と言います。
この2つを合わせて「旅行者血栓症(エコノミークラス症候群)」と言います。
11

●飛行機だけじゃない、エコノミークラス症候群
旅行者血栓症は、従来「エコノミークラス症候群」とも呼ばれていました。
ですので「飛行機でのみ起こる症状」だと思われるかも知りません。
しかし、実は旅行者血栓症は、飛行機だけではなく、
列車旅行など、長時間座席に座って移動する時や、オフィスでのデスクワーク、
長時間の会議、劇場・映画館などでも起こると考えられます。
特に、空調設備の整ったオフィス環境は
きわめて航空機内に類似した環境と言えます。
44
旅行者血栓症とは何か、その原因をしっかり理解し、
賢明に対処することが大切です。

●旅行者血栓症(エコノミークラス症候群)の原因とは?
「旅行者血栓症(エコノミークラス症候群)」の原因の1つは、
航空機内などの乾燥した空間や、
低い気圧によって体内の水分が蒸散しやすくなり、
血液の粘度が上昇してしまうことにあります。
水分摂取の不足や、アルコール摂取なども脱水傾向を招き、
血液粘度上昇のリスクを高めます。

このような状態で長時間座位により下肢が圧迫され続けると、
うっ血を起こし、血栓が生じてしまいます。
これを「深部静脈血栓症」と言います。
また、気圧が低い場合は、よりうっ血しやすくなります。
生じた血栓は、立ち上がった際などに、血液の流れにのって移動し、
肺の細い血管で詰まることで呼吸困難や動悸をひきおこします。
これが「肺塞栓症」です。
このようにして「旅行者血栓症(エコノミークラス症候群)」が発症するのです。

●旅行者血栓症(エコノミークラス症候群)になりやすい人は?
旅行者血栓症(エコノミークラス症候群)になりやすい人は、
血栓が出来やすい人です。
メタボリック症候群をはじめとした生活習慣病の人、
例えば肥満、糖尿病、下肢静脈瘤などを有している人は、注意が必要です。
又、40歳以上の女性、背が低い人、タバコを吸う人なども注意が必要です。
55

●旅行者血栓症(エコノミークラス症候群)の予防法は?
・足のマッサージをしましょう!
長時間座位による血液の循環状態悪化、
特に下肢の循環悪化を回避するには、
適切な運動や下肢の循環を良好にする
マッサージが有効で、血栓の予防にもなります。

・適切な水分摂取は必須!
血液粘度の上昇を惹起する脱水を防ぐためには
水分の適切な摂取が必要ですが、
ビールなど利尿作用のある飲料ではむしろ脱水は増悪します。
33

私はヨーロッパ旅行に行った時、約12時間、
飛行機でずっと座りっぱなしだったので、
足のマッサージや水分補給を心がけました。
皆さんも、長旅の際は注意して下さいね♪

↓クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA