☆酸蝕歯のお話☆

こんにちは。スタッフの美樹です。
美樹さん

6月になると学校で歯科検診が始まる時期ですね。
みなさん 虫歯はありませんか?
歯科検診

歯磨きをきちんとしていて 歯垢が付いていない人でも
歯の表面のエナメル質を溶かす「脱灰」といわれる初期虫歯が起こる場合があります。
柑橘系のジュースや酢など、強い酸性のものを飲食した後におこる酸蝕歯です。
d82a9325b0c6966c
虫歯とは関係なく、強い酸が歯のエナメル質を直接溶かす事でおこります。
飲食物によって溶けるのはわずかですが、そこですかさず歯を磨いてしまうと
歯磨きによってエナメル質の表面が、均一に剥がされてしまいます。

むし歯菌によるむし歯の表面がでこぼこしているのに対し、
酸蝕歯によるむし歯は表面が平らなのが特徴です。
歯磨きをして、初期むし歯のリスクが増すという皮肉な現象です。

これを防ぐには、酸性の強いもの、すっぱいもの、酢の入ったものを飲食した直後は
歯を磨かずに水やお茶を飲み、15分~30分たってから歯を磨くといいようです。
歯磨き

私もオレンジジュースや酢の物が大好きなので 
歯を守るために 飲食したあとは気をつけたいと思います。

クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA