★飲酒が招く病についてのお話…パート①★

こんにちは、看護師の松原です。
まだ5月なのに毎日暑いですね(泣)

前回から続けている飲酒についてのお話、
今回は、飲酒が招く病気について、二回に分けてお話していきます。

飲酒の病で代表的なのは、急性アルコール中毒です。
急性アルコール中毒では死亡事故のイメージが強いようですが、
飲んだアルコールの作用で突然死んでしまうわけではありません。
怖いのは、窒息と転倒です。
アルコール

急性アルコール中毒では、血中のアルコール濃度が上昇すると同時に
アルコールが分解してできる「アセトアルデヒド」という物質の上昇も起こります。
アセトアルデヒドは吐き気をもたらす作用があります。
意識がなくて体が麻痺した状態で嘔吐する可能性が高くなり、
嘔吐による窒息が死亡事故を招いています。
毎年報道される新人歓迎会などで起きる死亡事故は、
呼吸停止ではなく、窒息が多いと推定されます。
CA2TE1WL

また、転倒による外傷も危険です。
階段での転倒で骨折などの重傷を負うケースを始め、
飲酒自転車による事故も絶えません。
てんとう
飲酒後の自転車走行中、いわゆる自爆事故で頚椎損傷や脊椎損傷、
脳挫傷になってしまい、救急車で搬送されるケースがあります。
中には頚椎損傷で動けないのに、泥酔状態のために動けないのだろうと
判断されて長時間放置されてしまった例もあります。

「アルコール中毒」は、本来は上記のような急性中毒に対して用いるべき用語。
習慣的な飲酒が社会的行動に問題を起こしてしまう場合、
アルコール依存症の可能性があります。
CA2LT5W2
習慣的な飲酒と、アルコール依存症の間には、大きな差はありません。
飲酒して、「美味しい」と感じる人は、
誰でもアルコール依存症になる可能性があります。
昼間働いていて、仕事時間帯に飲酒するようになったら要注意です。
アルコール依存症は、本人の努力ではなかなか依存から抜け出せないので、
専門の施設で治療を受けることが重要です。

次回は、飲酒が招く病についてのパート②をお話していきますね★

↓クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

★飲酒が招く病についてのお話…パート①★ への2件のコメント

  1. カツヒコ

    草なぎ君程度の失態は、数え切れませんでしたが、自粛、反省の日々をおくっており、飲酒は月に1回程度にしています。
    しかし、ついつい深酒になってしまいます。

    こういう話を読んで、深酒からも脱却できるよう頑張りますので、続編宜しくお願いしま~す。

    返信

  2. admin

    >カツヒコさん
    草なぎ君のニュースはびっくりしましたね!

    私は全くお酒が飲めないので、
    酔って記憶が無くなった経験はありませんが…

    カツヒコさんもなるべく飲みすぎない程度の飲酒で
    楽しんで下さいね♪

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA