★梨のお話★

こんにちは。スタッフの岩田です。
岩田さん

最近、スーパーで梨を見かけますね。
先日、幸水を買ってきたのですが、おいしい梨の選び方が分からなくて
適当に選んでしまいました。
まだ食べていないので当たりかハズレかは食べてからのおたのしみです。
今日は梨についてお話したいと思います。

梨
日本の梨には「赤梨」と「青梨」があります。赤梨は「豊水」や「幸水」など果皮が
茶色いもので、青梨は「二十世紀」のような果皮が緑色の梨です。
どちらもシャリシャリした食感がありますが、あれはペントザンやリグニンという成分からできた石細胞によるものです。
また赤梨は成熟すると果皮にザラザラの斑点が目立ちますが、
これは水分を果実に閉じこめておくためのコルクの役割をしています。

●おいしい梨の見分け方●
形がよく果皮に張りがあり、同じ大きさなら重みがあるもの。
また、軸がしっかりとして果皮に色ムラがなく、お尻がふっくらとして
広いものがよいでしょう。
果皮のザラザラ感(茶色い斑点)は熟すにつれて減り、
食べ頃になるとツルツルになってきます。
二十世紀などの緑色の梨は少し黄色っぽくなれば甘みが出た証拠。
幸水などの茶色い梨は適度な赤みのものを選びましょう。

●梨の保存方法●
水分が蒸発するとカサカサになるので、ビニール袋に入れて
冷蔵庫の野菜室で保存します。
新鮮で保存状態がよければ7~10日ほどは日持ちしますが、
日本の梨は基本的に追熟しないのでなるべく早く食べましょう。

●梨の栄養と効能●
CAM789UV
・主な栄養成分(可食部100g中)
食物繊維(0.9g)、ソルビトール(0.8g)、カリウム(140mg)

・注目成分
アスパラギン酸

・主な効能
便秘改善、高血圧予防、動脈硬化予防、心筋梗塞予防、脳梗塞予防、
利尿作用、咳止め

水分と食物繊維が比較的多く、便をやわらかくする糖アルコールの一種
「ソルビトール」を含んでいるので便秘予防に効果があります。
また、カリウムは高血圧予防に効果があり、梨に含まれるアミノ酸の一種の
「アスパラギン酸」は利尿作用に有効です。

●梨の種類●
・幸水
jppkousui
現在では日本梨の約40%を占める代表的な品種です。
果実は約 250~300gの扁円形で、お尻の部分が大きくへこんでいるのが特徴。
柔らかい果肉には果汁がたっぷり含まれ、ひと口食べると強い甘みが広がります。
果皮は基本的に褐色ですが、やや黄緑がかったものもあります。

・豊水
jpphousui
350~400gほどになる大きめの赤梨。幸水と並んで生産量が多い品種です。
日持ちがよく、果肉はやわらかで多汁。甘みの中に適度な酸味があります。

・二十世紀
jppnijyuu
果皮はきれいな黄緑でサイズは約300g前後の中玉。
多汁でシャリシャリとした果肉には甘みと酸味がバランスよく調和しています。

他にも新高、南水、長十郎などたくさんの品種があります。
食べ比べてみるのも良いかもしれませんね。

クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA