★柿のお話★

こんにちは。スタッフの岩田です。
岩田さん

最近、畑や庭に柿がなっているお宅を見かけます。
うちにも柿の木があるんですが、今年は渋柿がたくさんなっています。
うちでは渋柿を干し柿にして食べています。
今日は柿のお話をしますね。
柿

柿には「甘柿」と「渋柿」がありますが、これらの違いは渋み成分
「タンニン」が口の中で溶けるかどうかできまります。溶けると渋くなり、
溶けなければ甘くなります。幼果期はどちらも渋みが溶ける「可溶性」
タンニンを含みますが、甘柿は成長過程でタンニンが「不溶性」に変化して
口の中で溶けなくなり、渋みを感じなくなるのです。
渋柿が甘くなるのは、アルコールや炭酸ガスを使って処理することで、
タンニンを可溶性から不溶性に変化させているからです。
なお干し柿にすると、渋みは自然に抜けます。
干し柿

おいしい柿の見分け方
へたがきれいで、へたが果実に張りつき果実との間に隙間がないものが
良い柿です。隙間があると虫が入り込んでいる可能性があります。
また果皮がしっとりして張りがあり、全体的に色づいているもの、
持ったときに重みがあるものを選びましょう。

保存方法
ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存すれば1週間ほど持ちますが、
常温だと2日ほどでやわらかくなります。柿は追熟しないので、購入したら
早めに食べましょう。

柿の栄養
・主な栄養成分(可食部100g中)
 ビタミンC(70mg)、βカロテン当量(420mcg)、カリウム(170mg)

・注目成分
 タンニン

主な効能
風邪予防、美肌効果、高血圧予防、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、
がん予防、二日酔い改善

柿に含まれるビタミンCの量は、日本人がよく食べる果物の中で
トップクラスです。風邪予防や美肌効果に期待できます。
渋み成分のタンニンにはアルコールを分解する作用があり、さらに
利尿作用のあるカリウム、酸化還元作用のあるビタミンCの相乗効果で
二日酔いにも効果があります。
なお、タンニンは血圧の上昇を抑える効果もありますが、一方で
鉄分の吸収は妨げられてしまうため貧血気味の人は過剰摂取を控えましょう。

ジャム
以前、柿のジャムをもらっったことがあるんですが、食べてみるとシナモンが
利いててとってもおいしかったです。
どこかで見かけたら買いたいと思っています。

クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA