★冷えのお話★

こんにちは!スタッフの橋口です。
橋口さん
最近めっきり寒くなりましたね。
寒くなると、手足の先が冷えて、肩に力が入って肩こりなどの
症状がでることはありませんか?
今日は「冷え」についてお話しますね。

冷え性

みなさんは、「寒がり」と「冷え性」の違いをご存知ですか?
寒がりとは、ちょっとした寒さにも敏感な人をいい、とくに治療を必要としません。
一方、「手足が氷のように冷えて眠れない」など冷えの症状が強く、
痛みやのぼせや下痢などを伴って、日常生活が苦痛と感じるような人の症状を
「冷え症」といいます。
生まれつき新陳代謝が悪かったり、エネルギーが燃焼しにくい体質の人に
多いようです。
冷え性は病気とみなされないため、体質だからとあきらめている人も多いよう
ですが、冷えに伴って頭痛やめまい、立ちくらみ、肩こり、腹痛、食欲不振、
肥満、膀胱炎、むくみ、便秘、下痢、生理痛などを引き起こす場合も少なく
ありません。

キッチン

キッチンで料理をしている時、足元が寒いなぁと感じることはありませんか?
そんな時は、まず足元の温度管理に気をつけましょう。
暖房をつけていても暖かい空気は上方にたまるので、冷たい空気が足元を直撃します。
炊事など立ち仕事中は靴下を2枚重ねにしてスリッパを履き、足を冷えから守ってください。
下着も2枚重ねるとより効果的です。

image
私は、家にいる時は、いつもモコモコの靴下を履き、モコモコのスリッパを履いて
います。
一度冷えてしまうと、なかなか温まらないので、冷えないように気をつけています。
とくに冬場は足首、手首を温かく保護する事を忘れないようにしましょう。

冷え

東洋医学では冷え症の一要因として、冷えの邪気(病気のもととなる悪い
エネルギー)が体に入り込んで起こると考えます。
邪気は、寝不足や偏った食生活など不摂生が続くと入り込みやすくなります。
ですから、規則正しい生活とストレス解消を心がけ、楽しく毎日を送りましょう。
また、腰や胃腸など、その人の弱い部分に症状が出やすくなりますから、
自分の弱い部分を知り、そこを普段からいたわることが大切です。 

みなさんも、冷えに注意しながら、この冬を暖かく過ごしてくださいね。

↓クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA