☆七草粥のお話☆

こんにちは。スタッフの岩田です。
岩田さん

皆さんお正月はどのようにして過ごされましたか。
おせち料理にお雑煮と食べ過ぎてしまった方も多いのではないでしょうか。

今日は七草粥のお話をしたいと思います。

七草粥は一年の無病息災を願って1月7日に春の七草を使って作ります。
学生の頃に春の七草を覚えたのを思い出します。
皆さんは春の七草を知っていますか?
七草

◆春の七草◆
・芹(せり)・・・・・
seri
せり科の多年草。清流や湿地に自生します、独特の芳香があります。

・薺(なずな)・・・・・
なずな
アブラナ科の二年草。ぺんぺん草ともいわれ、よく見かける野草です。
その名のとおり三味線のバチに似た三角形の身をつけます。
利尿、止血、解熱などの効果があります。

・御形(ごぎょう)・・・・・
ごぎょう
母子草(ははこぐさ)の別名があります。キク科の二年草。
春に黄色い花を咲かせます。昔は草餅に入れられていました。

・繁縷(はこべ)・・・・・
はこべら
はこべらともいわれます。ナデシコ科の1~2年草。
利尿作用があるといわれます。江戸時代には歯磨き粉として使われていたそうです。

・仏の座(ほとけのざ)・・・・・
ほとけのざ
キク科の二年草。別名を小鬼田平子(こおにたびらこ)といいます。
水田など湿地に自生し、黄色い花をつけます。

・菘(すずな)・・・・・
すずな
アブラナ科の1~2年草。蕪(かぶ)のことです。身がやわらかく、消化のよい
野菜です。「すずな」という名は、ふっくらとした根の部分が鈴に似ている
ところからつけられたそうです。

・蘿蔔(すずしろ)・・・・・
すずしろ
アブラナ科の1~2年草。大根のことです。身は消化がよく、葉にはビタミンが
豊富に含まれます。たくあん、煮物、大根おろしなど欠かせない食材です。

七草粥はお節料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな
栄養素を補うという効能もあります。
七草粥

私は毎年スーパーで七草のパック詰めを買ってきて七草粥を作っています。
今日は1月7日、皆さん一年間の健康を願って七草粥を食べるのも良いですね。

↓クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA