夏を快適に過ごすコツ☆ パート3

こんにちは!スタッフの山田です。

今回も、前回に引き続き、夏を快適に過ごすための
お話をしたいと思います。
夏になると心配なのが「食中毒」ですね。
そこで、今日は食中毒の予防法をご紹介します。

「食中毒」というと、O-157などの感染を心配されるかたも
多いと思いますが、いたずらに神経質にならず、次のことに注意しましょう。

●石鹸で手を洗う
手洗い
 つめは短く切っておき、外出から帰ったととき・トイレの後・
 調理の前・食事の前などには石鹸をよく泡立てて、爪や、
 指と指の間まで丁寧に洗いましょう。
 手を拭くときは、よく乾いた清潔なタオルを使いましょう。

●食品は十分に加熱する
加熱
 O-157は75度以上の熱で1分以上加熱すると死滅します。
 とくに肉料理は中までよく火を通すことが大切です。
 生水は飲まないようにしましょう。

●調理器具を消毒する
 なまものが触れた、まな板や包丁、ボウルなどは、
 すぐに洗剤で洗って熱湯消毒をしましょう。
 一度使ったビニール袋などは再利用しないようにしましょう。

●買い物の際、生ものは最後にする
 生の魚や肉類は、最後に買い物かごにいれ、 
 早めにかえって冷蔵庫に入れましょう。
 冷蔵庫は常に温度をチェックし、過信せず、
 食品はなるべく早く使い切るようにしましょう。

●おもちゃは清潔にする
バイキン
 小さな子供が口にくわえるおもちゃに、細菌がついている
 こともあるので、中性洗剤や消毒剤でこまめに消毒をしましょう。

●下痢をしたら、浴槽につからない
 浴槽のお湯から二次感染する危険があるので、
 下痢をしたらシャワーで体を清潔にし、浴槽にはつからないように。
  
これらのことに気をつけ、みなさんも食中毒はもちろん、
体調を崩さないように快適な夏を過ごして下さいね。

↓クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA