☆デコポンのお話☆

こんにちは、スタッフの鍋田です。

なべたさん

花粉症の私は、最近くしゃみがとまらなくなりました。
春ですね。

先日、親戚の方からデコポンをいただきました。
デコポンは 今が旬の人気果実の1つですね。
1

日本記念日協会によると、3月1日はデコポンの日だそうです。
デコポンが熊本県より初めて出荷され、東京の青果市場で取引されたのが
(平成3年)3月1日だったことから この日をデコポンの日とし、
デコポンの美味しさを全国にPRするのが目的だそうです。

デコポンは、長崎県の農林省果樹試験場口之津支場にて、
清見とポンカンを交配させて1972年に生まれ、
その後、熊本県不知火地方で改良が加えられ、
全国に広く知られるようになったといいます。
2

品種名を不知火(しらぬい)といい、登録商標がデコポンになりますが、
このデコポンの名前を使うには、糖度13度以上、クエン酸1%以下
という条件をクリアしたもののみ という規定があります。
日本で唯一、全国統一糖酸品質基準を持つ果物になるのです。
「デコポン」と名がついているだけで甘くておいしいのは保証つきですね。

花柄部分(デコ)が盛り上がっており、果皮もザラザラしていたりして
見た目からは判断しにくいのですが、とても皮がむきやすいみかんで、
じょうのう(果肉を包む袋)ごと食べられます。
3

食べた後に残るのは果皮だけですが、今回頂いた箱の中に
『なんちゃってバージョン!デコポンマーマレード』という
電子レンジで作れるかんたんレシピが入っていたので、
果皮も無駄なく使用し、デコポンまるまる1個 食べられる形となりました。
4

糖度以外にも、デコポンは日の光をたっぷり浴びて育ちますので、
ビタミンCや食物繊維といった成分も多く含まれているメリットがあります。
デコポンを1日2個食べたら、大人1日分のビタミンCの必要量が
摂れるほどに、ビタミンCが豊富に含まれています。
そのため、風邪の予防やお肌のケアなどにデコポンは効果がある
と言われています。
5

暖かくなったとはいえ、風の強い日は体感温度が低く
体調をくずしやすい時期です。風邪予防にもなり、
美容と健康にもよいデコポンを食べてみてはいかがでしょうか。

↓クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA