☆ユスラウメのお話☆

こんにちは。スタッフの岩田です。
いわたさん

梅雨に入ったということで毎日スッキリしない天気が続いていますね。

先日、ご近所の方にユスラウメを頂きました。
皆さんはユスラウメをご存知でしょうか?
私は知らなかったので見たときサクランボかと思いました。

IMG_7841

それではユスラウメについてお話しますね。
俗名ユスラゴともいうそうです。
中国原産で冬に落葉する高さ1m-3mの低木で寒さに強くて丈夫、
比較的場所をとらず熟した果実はおいしく食べられるので
庭木や果樹として広く利用されます。
ユ
赤実種と白実種の2種があるそうです。
春に葉が開く頃、白やピンクの花を咲かせます。
花びらは5枚で径2cm前後、枝を覆うようにたくさん付きます。

初夏になると、表面に微毛をもつ径1cmほどの果実をつけます。
熟した果実はツヤツヤしており、赤実種は柄の短いサクランボのように
見えます。
白実種は果実が大きく、赤実種に比べると採れる量は少ないです。
ちなみに日本では「山桃桜」「梅桃」と書いて「ユスラウメ」と読みます。

食べた感想は薄甘くて酸味が少なくうちの庭に実るサクランボに
少し似ているかなと思いました。
中に種もありました。

ジャム

我が家ではそのまま頂きましたが、ジャムや果実酒にしても美味しいみたいですよ。

クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA