☆はだか祭りのお話☆

こんにちは。
スタッフの増川です。

まりさん

 


インフルエンザがまだ流行中です。
手洗いうがいをしっかりして予防して下さい。
ご存知の方も多いと思いますが、 先日、稲沢の国府宮神社ではだか祭が行われました。
正式には「儺追神事」と言うそうです。
神男に触れて厄を落とそうと、はだか男たちが壮絶な 揉みあいをする有名なお祭りです。

img_top05  

私は以前、購入したなおい布を使用していました。
街中でも自転車などに付けているのを見かけます。

70baecf6-5758-49e0-9e2b-acdc5df3de23

 

最近はこのような物を頂くようになりました。 はだか男の方から頂いたのを編んだものです。   0d69a545-a44d-417f-b5b5-69c693e84bdc  
大鏡餅のおさがりも頂きます。

はだか祭とは話が違いますが、
娘を妊娠中には、はだか男の方からさらしを頂き
それを腹帯として国府宮神社で安産祈願もしてもらいました。

稲沢では知られた風習なのかもしれませんが、
何も知らなかった私はビックリしました。

はだか祭はまた来年ですが、実際に行くとはだか男の方から
直接なおいをもらえることもあります。

行かれたことのない方は
迫力もすごくあるので是非行ってみて下さい。

クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA