★皆既日食のお話★

こんにちは スタッフの美樹です。

7月22日、46年ぶりに全国で部分日食を観察することが出来ますね。
奄美大島など、一部の地域では皆既日食が見られるそうです。
12d2b34618064950

東海地方では9時50分頃から欠け始め、11時8分頃
最大の日食が観測できます。

◎観察時の注意
・網膜を傷める場合があるので 太陽を直接見ないようにしましょう。

・黒い下敷きやサングラスで見る
41c7925374079702
まぶしくないと思っても、目に見えない赤外線が透過して、
目を痛めるので見ないようにしましょう。
感光した黒いフィルムも同じです。
写真用のNDフィルターも赤外線を透過しているので目を傷めます。
   
・望遠鏡や双眼鏡で見る
失明の危険があります。一つ間違うと火が点きます。
日食めがねを組み合わせても危険です。

・じっと見つめる
たとえ、日食めがねを使っていても、長時間見ると
結局たくさんの光を 受けることになります。
5-10分おきに、ちらっとがオススメです。

◎お勧めの観察方法
・専用の日食メガネを使う
4a398f216751cabe

・ピンホールを使う
画用紙など光を通さないものに小さな穴を開けて、
日食中の太陽の光の影を観察します。
穴を通って影の中に映った太陽の光は、
欠けた太陽の形になっています。

テレホンカードや 図書カードの使用済みの穴を使うのもいいですね。
ピンホールで直接太陽を見ないようにしましょう。
             
みなさんも、目を傷めないよう気をつけて、壮大な天文ショーをお楽しみ下さいね!

↓クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA