★カラーコンタクトについて★

 おはようございます、視能訓練士の福森です(・∀・)

皆さん、カラーコンタクトってはめたことありますか?
虹彩という茶目の部分に色がついたコンタクトをはめることで、
外国の方のような目やお人形のような目になることが出来るコンタクト…
それがカラーコンタクトです!☆
私もはめたことがありますが、ウキウキしてはめたのに
なぜかあまり代わり映えしなくて悲しかった記憶があります…笑
今回はこのカラーコンタクトについてお話していきます(´∀`)

まず、カラーコンタクトを含めコンタクトレンズは高度管理医療機器に
認定されています。
股関節を骨折した時などに用いられる人口骨頭やペースメーカーも同じ分類に
含まれることを考えてみれば、コンタクトレンズがいかに医療機器として
重要か想像しやすいと思います。
また、コンタクトレンズは眼科医のみが処方できるものです。
医師の指導なしに雑貨屋やインターネットで販売されているものを使用することは
大切な目を重大なトラブルに巻き込むという危険にさらしているようなものです。

今、日本でこの「高度管理医療機器」として承認されているカラーコンタクトは
当院でも取り扱っているチバビジョンの「フレッシュルックデイリーズ」、
ジョンソンエンドジョンソンの「アキュビューディファイン」のみです!
product_img_08

雑貨屋や通販で買えるカラーコンタクトは全て、医療機器として認められていないオシャレ用なのです。

高度管理医療機器として承認されたものとオシャレ用のコンタクトの違いは?
今回はチバビジョン製のもとをオシャレ用のコンタクトを比較してみますね(’ω‘)

●チバビジョン
 ・日本人の瞳に自然にフィットし装着しやすい、膜のように薄いレンズ
 ・潤いを保ち、汚れのつきにくい素材
 ・着色部位を上下のレンズでサンドしてあるので、
  色素が直接目に触れることがない
 ・目の健康を考えて1日使い捨て

●オシャレ用
 ・自分の眼に合っているものかどうか分からない
 ・目を刺激する微量の毒細胞が含まれているものもある
 ・レンズの表面に色を塗っている為に色素が溶け出す
 ・連続装用を承認している場合もある

この、オシャレ用のコンタクトをずっと使っていると黒目(角膜)の表面に傷がつき
炎症が起きたり、中にはその傷から細菌感染して潰瘍になったりしてしまいます。
時には入院、後遺症が残るほどの傷や、失明してしまうことだってあります。
怖いですよね(゜Δ゜;)
眼科医の処方を受けずにレンズを購入・使用すると、目のトラブルに巻き込まれる可能性が非常に高くなります。
コンタクトレンズは医療機器ということを忘れず、眼科医の指導の下でのみ
使用していくようにしましょう。
また、重篤な病気から目を守るためにも、ケアの仕方や定期健診も怠らずに
行いましょう!!
ぜひ、こちらもご覧ください→http://www.freshlook.jp/eyes/index.html
(正しいカラーコンタクトの使い方/チバビジョン)

当院では、チバビジョン製の
ピュアヘーゼル グリーン グレー)を3色取り揃えております。
視力が悪いからはめられない…と思っている方、ご安心ください!
度数も多数揃えております☆
(遠視・強度近視は販売しておりません、ご了承ください。)
カラーコンタクトを着けてみたい!と思った方はぜひ、当院で試してみませんか(*´∀`*)?

↓クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA