☆鏡開きのお話☆

こんにちは、スタッフの山田です。
山田さん

先週11日は鏡開きでしたね。
お汁粉などで頂いた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
1915145195

「鏡開き」とは、正月にお供えした鏡餅を雑煮や汁粉にして食べて、
一家の円満を願うという行事で、1月11日に行います。
oshiruko200

鏡餅は見るからに美味しそうで、少しでもやわらかいうちに食べたいですよね。
11日まで置いておくとカビだらけになってしまいそうです。
鏡開きの前に食べてはいけないのでしょうか?

答えは、お正月は年神様をお迎えする行事であり、
その年神様へのお供え物が鏡餅ですから、
年神様がいらっしゃる間は食べてはいけないようです。
年神様がいらっしゃる間を松の内といいますが
(1月7日まで。関西などでは15日まで。)
松の内が明けた11日に鏡開きをするのはそのためです。

そんなこともよく知らなかった我が家では、
お餅にカビが生えてしまい、捨てるのがもったいないので
早々と食べてしまいました。
来年からは気をつけたいと思います・・・。

この鏡開きは、もとは武家社会の風習で、
鎧(よろい)などの具足(ぐそく)に供えた具足餅を下げて
雑煮にして食べた「刃柄(はつか)」を祝う行事のことでした。
この風習が一般化し、鏡開きとなったようです。

刃物で切るのは切腹を連想させるため、
手で割ったり、木槌で砕いたりします。

また、「切る」「割る」と言う縁起の悪い言葉は避け
「開く」という縁起の良い言葉を使っているのだそうです。

鏡餅を食べることを、「歯固め」とも言います。
これは、硬い物を食べ、歯を丈夫にして、年神様に長寿を祈るためともいいます。

ちなみに・・・

祝宴などで酒樽の蓋を木槌で割って開けることも
「鏡開き」と言います。
taruzake200

以前は大きな鏡餅を切るのが大変でしたが、最近では
個別包装された小餅が鏡餅の形の容器に入ったものが多くなってきています。

ちょっと見栄えは劣りますが、鏡開きのあとにお餅を食べるには
とっても便利ですよね。

時代とともに何でも便利になってきますね。

クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

 

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA