☆チョコレートのお話☆

こんにちは!スタッフの橋口です。
橋口さん

みなさんは、チョコレートは好きですか?
私はチョコレートが大好きで、季節を問わず毎日食べています。
今日は、そのチョコレートについてお話ししますね。

image

チョコレートに含まれるカカオ・ポリフェノールには、
いろいろな効能があります。
がんや動脈硬化などさまざまな病気の原因といわれる活性酸素。
今、その働きをおさえると注目されているのがポリフェノールです。
ポリフェノールは赤ワインにも多く含まれていますが、チョコレートには
それよりもはるかに多量に含まれているのです。

◆ 動脈硬化を防ぐ
カカオ・ポリフェノールは、動脈の繊維にコレステロールがたまったり、
LDL-コレステロールが酸化を受けて動脈硬化が進むのを防ぐことが、
ラットや人によって確かめられています。

fe39d73bd6f370ea

◆がん予防に期待
がんの発生メカニズムにはまだ不明なところが多々残されていますが、
まず変異原物質が細胞のDNAに突然変異を起こし、次いで促進物質が
がん化した細胞を活性化することによってがんが発生すると考えられています。
しかし、試験管内に変異原物質と同時にカカオ・ポリフェノールを加えたところ、
細胞DNAの突然変異が抑制されることが確かめられました。

◆ ストレスに打ち勝つ
身体的にストレス状態にあるラットにカカオ・ポリフェノールを与えたところ、
ストレスにうまく適応することがわかりました。
また心理的ストレスにたいしても抵抗力が強まることが確かめられました。

◆ アレルギーやリウマチにも効果
アトピーや花粉症などのアレルギーは現代病のひとつとして大きな問題に
なっていますが、マウスにカカオ・ポリフェノールを与えたところ、
アレルギーの原因となる活性酸素の過剰な働きが著しくおさえられました。
さらにチョコレートを人に食べてもらったところ、おなじ効果がみられました。

1

上記のように、ポリフェノールには色々な効能があります。
さらに、よい情報として、チョコレートでは太らないそうです。
チョコレートは太る! こんなよくある誤解に挑んだ実験があります。
標準飼料育ちのラットと、飼料の20%をチョコレートでおきかえたラットを
比べた場合、カロリーがおなじなら体重の差はなく、肥満もみられませんでした。
「何が」太るかの原因探しより「どれだけどう」食べたかのほうが
大切なことが確かめられたわけです。
食べる量を調節すれば、太る心配もなさそうですね!

また、チョコレートの香りは精神活動を高めることもあるそうです。
チョコレートの香りが集中力や注意力、記憶力を上げることが
人の脳波や学習実験から 確かめられましたが、
さらにチョコレートを食べたほうが、陸上競技の「ヨーイ~ドン」から
スタートの反応時間が短くなることが分かったそうです。

私は、チョコレートを食べると気分が落ち着き、
幸せな気持ちになれます♪
みなさんもチョコレートを楽しんでみてはいかがでしょうか。

クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

 

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA