☆節目の年の祝い事のお話☆

こんにちは。スタッフの野村です。
 野村さん
みなさんのおじいさま、おばあさまや、ご両親はお幾つ位でしょうか。
今は還暦(60歳)といってもまだまだ現役バリバリで、
お若い方が多いのではないでしょうか。
今回は還暦をはじめとしてそれぞれの節目の呼び方についてお話します。

 60歳=還暦/ちょうど生まれ年の干支が巡ってくる年齢なので、
         生まれた年に還るという意味です。赤ん坊に見立て、
         赤いチャンチャンコや頭巾を贈って祝う風習があります。
 還暦
 70歳=古稀/唐の詩人、杜甫の「人生七十古来稀なり」からきています。
 77歳=喜寿/喜という字の草書体が七十七に読めるから。
 80歳=傘寿/傘の略字が八十と読めるから。
  傘寿米寿
 81歳=半寿/半という字を分解すると八十一になるから。
 88歳=米寿/米という字を分けると八十八になるから。
         この年は特にめでたいとされていて、
         お餅をついて紅で壽と書いて配るしきたりもあります。
 90歳=卒寿/卒の俗字が九十と読めるから。
 99歳=白寿/百という字から一を取ると白になるから。
  白寿
100歳=上寿/最も上までいきついた長寿という意味だそうです。
108歳=茶寿/茶という字を分解すると十がふたつ、
         八十と八になり合計すると百八になるから。
111歳=皇寿/白は九十九、王は十二から成るので足して百十一になるから。
         いかにも皇の字にふさわしい長寿ですね!

私の祖母は今年91歳になりました。
祝い事でみんなが集まれるのは良いことです。
祖母にはこれからも元気でいてもらい、白寿や上寿のお祝い
を親戚みんなでしたいと思っています。

クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

 

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA