★秋の花粉症のお話★

こんにちは。スタッフの野村です。
野村さん
最近一気に涼しくなりましたが、こうした季節の変わり目には
風邪を引きやすいものです。
しかし、鼻水やくしゃみが止まらなくて風邪だと思っていたら、
実は「秋花粉症」だったという可能性もありますので、注意しましょう。
花粉症
今回は、秋の花粉症についてお話します。
秋の花粉症も、春の花粉症と同じく、
「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」「目のかゆみ」が4大症状となります。
また、症状が一定せず、悪化したり軽快したりを繰り返すことも特徴です。

ただ、スギやヒノキなど、“木”の花粉によって起こる春の花粉症と違うのは、
秋花粉症は、「ブタクサ」「ヨモギ」「カナムグラ」など、
空き地や河川敷に群生している“草”の花粉が原因となることです。
これらの草が生い茂っている場所の近くを通った後で、症状が悪化し、
自宅に帰れば軽快するなどの変化が見られれば、
秋花粉症の可能性が高いと考えられます。
秋花粉2

秋花粉症の原因となる植物は背の低い雑草なので、
春のスギやヒノキなど樹木の花粉に比べ、飛散数は少なく、
飛ぶ距離や飛ぶ期間も短いのが特徴です。
そのため、これらの草が生い茂っているような場所には
近づかないようにすれば、対策にそれほど神経質になる必要はないということです。

私もつい先日、花粉症か風邪をひいたのか迷う事がありました。
その時は鼻水が花粉症の症状だったので、花粉症の薬を服用しました。
秋の花粉症を鼻風邪と勘違いしないように、
鼻水の特徴や症状の表れ方に注意して、
風邪と見分ける参考にしてください。
秋花粉

クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA