☆クリスマスの豆知識☆

こんにちは、スタッフの山田です。
山田さん
街中クリスマスの飾りや、イルミネーションで溢れ、見ているだけで
気持ちがウキウキしてきますね。
imageイルミ

当院にも天井に届く位の大きなツリーが飾ってあります☆
DSC05658
今回はクリスマスのちょっとした豆知識をお話したいと思います。

★クリスマスの語源と由来★
クリスマスはもともと収穫を感謝する冬至のお祝いに家族や友人同士が集まって
楽しく食卓を囲み厳しい冬に備えて体力を蓄えるものだったようです。
その後、宗教的な意味合いが加わって現在のようになったようです。
クリスマスは12月25日にイエス・キリストの生誕を祝う日とされていますが、
正確には定かではありません。
この日がキリストの誕生日としてお祝いされるようになったのは、
当時太陽神を崇拝していたローマで12月25日に行われていた行事が
キリストの生誕祭と結びついたといわれています。
クリスマスの語源は、ラテン語で「クリストゥス・ミサ」の略で
Christ(キリスト)+mas(礼拝)を意味しています。
ちなみに『Xmas』は、Christ(キリスト)のギリシャ語表現で「Xristos」の
頭文字+mas(礼拝)です。
ただし、この表現は略記のために正式な場では避けられます。

★サンタクロースの由来★
4世紀に東ローマ帝国小アジアのシュラ(現在のトルコ)に実在した
カトリック教会司教セントニコラウスだというのが一般的で、
セントニコラウスがなまって「サンタクロース」と呼ばれるようなったようです。
彼は貧困のため苦しむ娘たちの家に煙突から硬貨を投げ入れ、
それが暖炉脇に干してあった靴下の中に入ったことからプレゼントを
靴下に入れる習慣になったと言われています。
現在では、サンタクロースはトナカイの牽くソリに乗ってくることから
北極圏に住んでいるというのが一般的のようです。
l_oCNtKyDc4k
また、サンタクロースの赤い服はカトリック教会の祭服の赤色に由来しますが、
「サンタクロース=赤のイメージ」を印象付けたのは、コカコーラ社だとも
言われています。
1930年コカコーラ社のイメージカラーである赤をサンタクロースの衣服に重ね、
サンタクロースを宣伝キャラクターとし大々的なブランドイメージの浸透を
図りました。おそらく現在のサンタクロースのイメージとして思い描く、
赤い服、白くて長い髭、立派な体格はコカコーラ社のイメージキャラクター
であるサンタクロースのようです。
santaclaus14
クリスマスの主役だけに少し長くなってしまいましたがもう一つ、
公認サンタクロースをご存知ですか?
グリーンランド国際サンタクロース協会というのがあり、煙突登り、クッキーの
早食いなどの体力測定、HoHoHoの発声試験、
長老サンタクロースとの面接など、4日間に渡る過酷な試験を経て認められる
と公認サンタクロースになれるそうです。
現在世界で185人。毎年、真夏のデンマークで開かれる、世界サンタクロース
会議に、サンタクロースの衣裳で出席し、公認サンタクロースのライセンスを
更新するようです。

★クリスマスツリーの由来★
クリスマスツリーの由来は、ドイツに起源があると言われています。
モミの木に住む小人が村に幸せを運んでくれるという信仰から、
花・卵・ロウソクなどをモミの木に飾り、その周囲を踊りで囲み、
小人にいつまでも木に留まってもらう祭りがあり、
これがクリスマスツリーの起源と考えられています。
3132710111_bf244d6f78
この小人がサンタクロースになったともいわれています。
厳しいヨーロッパの冬は一面真っ白な雪に覆われ、
その中でも葉を失わない常緑樹は、永遠の生命を象徴するものとして
尊ばれました。

★ツリーのトップスターの由来★
クリスマスツリーのてっぺんに、星☆が飾られているのを良く見ますが、
これにも意味があります。
image109
この星は、東方の博士(賢者)たちを幼子イエスへと導いた星をあらわして
いるそうです。

ツリーを眺めるときに、由来を思い出してみるのも良いかもしれませんね。

↓クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA