◆残念なサービスのお話3◆

視能訓練士の福森です。
楽しかったゴールデンウィークも終わってしまいました…
たくさんお休みした分、これからは気合いを入れて働いていこうと思っています!

そういえば、先日は母の日でしたね。
恥ずかしいことに当日はすっかり忘れていて車で遊び回っており、
帰り際に寄ったお店で母の日だったことを知りました…
何が欲しいか聞いていなかったなぁと思い、とりあえず定番の
カーネーションを買って帰ろうと閉店間際の花屋に寄りました。
カーネーション

祖母と母の分の2束を手に取ってお会計に向かったのですが、店員さんは裏で
仕事をしていて、呼ぶまで出てくる様子もありませんでした。
お会計を済ませて、母の日用だし何かラッピングとかしてくれるのかな?と思って
少し待ってみましたが特に何もなく、そのまま花を手渡されてしまいました。
ラッピング
花の周りの透明なカバーに付いていたシールの値札は取ってくれていましたが、
綺麗に取りきれていたわけでもなくボロボロの状態で見るからに汚い…
雑貨屋に寄ってシールを購入し、値札跡の上から隠すように貼ってから
母と祖母に渡しました。

お花自体はとっても喜んでもらえ、あげて良かったなと嬉しい気持ちになりましたが、お店側のサービスには少しがっかりしてしまいました。
花屋
母の日で多くの人が花屋を利用することは想像出来るはずですし、
いくら閉店間際でも店内に誰もいない状態を作るのはどうかな…と思いました。
また、「ラッピングはどうしますか?」の一言をくれても良かったんじゃないかなとも
思いました。
自分にとってはほんの些細なことかもしれないですが、相手にとっては
言ってもらえるととても嬉しく感じることもあります。
私も患者さんの様子を気に掛け、どうしたら満足していただける対応が出来るかを考えてながら働いていきたいです。

↓クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA