★ミネラルのお話★

こんにちは、視能訓練士の福森です。
ふくもりさん
すっかり秋になりましたね(^_^)
風邪など引かぬよう、元気に冬を迎えましょう!

先日、毛髪検査を行う機会がありました。
毛髪から体内にある有害ミネラルの蓄積度や
必須ミネラルの過不足が分かるそうです。
髪の毛を毛根近くから3ヶ所切り取って検査会社さんに送るだけという
簡単なものなので、早速やってみました。
DSC05739

結果は、というと…
人体に悪い影響を及ぼすとされているミネラルが6種類中、5種類も
測定されていました:shock:
水銀・鉛・砒素・アルミニウム・ベリリウムの数値が高かったのですが、
どんな原因でこれらのミネラル数値が高くなり得るのか気になりますよね?

・水銀→魚介類、歯の治療で使用するアマルガムという詰め物など
・鉛→排気ガス・塗料・大気汚染・アクセサリーなど
・砒素→海藻・魚介類・排気ガスなど
・アルミニウム→調理器具・アルミホイル・食品包材・リンゴジュースなど
・ベリリウム→大気汚染・電子機器

体内にある有害物質という言葉から食物から摂取しているものばかりと
思っていましたが、環境要因での摂取も結構たくさんありますね!
海藻やお魚大好きでよく食べていたので、何だかショックでした(;_;)

検査結果には有害ミネラルの蓄積量だけでなく、
有害ミネラル量を少しでも減らす食べ物も載っていました。
私の場合、マグネシウムやカルシウム・マンガン・鉄などを摂取して
効果的な方法で解毒・体外へ排出を促すのが良いようです。
玄米やモロヘイヤ、しじみ・焼き海苔や他に豆類・ホタテ・鶏肉などを
食べると良いとのアドバイスでしたので、ぜひ明日から頑張って
積極的に食べていきたいと思います…
玄米
しじみ

加えて、生命活動に関わるとされているコバルトは
基準より大分低い数値だったので、
上記食品に加えてはまぐり・ひじき・レバーなども意識して食べていきます!
ひじき
(ミネラルの中には食べ摂り過ぎると良くないものもありますが、
コバルトはたくさん食べても大丈夫なようです(^_^))

ちなみにこの毛髪検査、ミネラル年齢も測定出来ます。
加齢と相関するミネラル数値に基づいて検査結果から計算するのですが、
推定年齢が実年齢より7歳も上でした…
次の検査時には結果が改善されているよう、今日から食生活に注意して
ミネラルを摂取していきたいと思います!!

クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA