長良川クリテ モンペ出現

先生今井です。

モンペとはモンスターペアレント のことです。

キッズレースでのできごと。
スターティンググリッドから応援の保護者が離れる中
離れない保護者がいました。

なんと子供のスタートの助けをしていました。
補助輪をはずしたばかりで心配、という親心ならわかりますが
(本当はそれでもまずいのですが)
この親の場合はそうでもないようです。

スタート位置も一番前の内側のいわゆるポールポジション。
自転車はまわりの子供よりふた回り大きいタイヤです。
親の手助けをされてスタートされた子供は2位になりました。

なぜ、スタートの助けをすると有利になるのか。それは次の理由です。
・大きなタイヤを使える
 →大きいほうが慣性が働いてスピードを維持しやすい。
・サドルを高くできる
 →サドルが高いほうが脚がまわしやすく、力も入る。

子供は乗り降りがうまくできないので、サドルに座った状態で足先が地面につくようにします。
するとタイヤの大きさや、サドルの高さに制約がでてきます。
しかし、スタートとストップで親が支えればこの制約はなくなります。

子供を喜ばせたいのはわかりますが
子供のレースに親の手助けはやめてほしいですね。
もちろんルール違反です。

ちなみに、子供に高価な機材を与えて
レースを有利に運ばせるのは『親ばか』といいますが
ルール違反ではありません。

 
 
 

ランキング登録しています。
↓クリックすると、順位がアップしますので、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA