秋の花粉症のお話☆

こんにちは、スタッフの岩田です。

皆さんの中に、『なぜか、このごろ目がかゆい』『鼻水、くしゃみが出る』
などの症状をお持ちの方はありませんか?9月~10月にかけての秋は、
イネ科や雑草類(ブタクサ、ヨモギ)などの花粉が飛散する時期です。
この花粉が原因でアレルギー性鼻炎などを引き起こす花粉症は、
スギ、ヒノキ花粉の飛散時期である春についで
秋に多く発症するといわれています。

●ブタクサ…キク科、8月中旬頃より。花粉の大きさが小さく、
 肺まで入りやすいので喘息(花粉症と同様、様々な物質の
 アレルギーによって起こります)の原因となることがあります。
●ヨマギ…キク科、9月頃より
●カナムグラ…クワ科、9月頃より

花粉症は、花粉が鼻、口、目などの粘膜に吸着し、
その場所で反応を起こし、くしゃみ、鼻水鼻づまり、
かゆみ、頭が重いなどの症状(アレルギー性疾患)を引き起こします。
目の症状には、目のかゆみ・充血、なみだ目、眼ヤニがあります。

秋は季節の変わり目なので、カゼと勘違いされている人も多いそうです。
気になる方は次の項目をくらべてチェックしてみてください。
◆みられる症状        花粉症の場合          カゼの場合
 鼻水              水っぽい              粘りがある
 目のかゆみ           あり                 なし
 発熱              あっても微熱           高熱もある
 天気による症状        晴天で悪化            天気に関係ない
 症状の継続時間       数ヶ月               長くて一週間くらい

私は、春に花粉症の症状が出てつらい時もありますが、
今のところ秋には出ていません。花粉症かな??と思われる方は
一度受診されてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA