「亭主を早死にさせる10ヶ条」のお話☆

こんにちは、スタッフの山田です。タイトルだけ見るとかなりショッキングですが、これは、『火のついた煙草をくわえた骸骨』(本のタイトルも恐ろしい・・・)海老原進一郎:著という本の中から抜粋したものです。
 

「亭主を早死にさせる10カ条」

①好きなものを好きなだけ食べさせて太らせる!

②お酒を好きなだけ飲ませる!

③亭主に一部屋あてがい、そこでどんどん煙草を吸わせる!

④熱いお茶、紅茶、コーヒーをせっせとサービスする!

⑤料理に塩味をきかせ、だんだん濃くしてそれに慣らしていく! 朝食には、必ず味噌汁、漬物、しょうゆ、塩鮭や魚の干物、梅干を添える! 酒の肴も酒がうまくなるからと言って、塩辛いものにする! 忙しいからといってできるだけインスタント・ラーメン、保存食を食べさせる!

⑥家庭の中では亭主亭主といって奉り、なるべく体を動かさないようにする!

⑦運動させないようにする!

⑧夜更かしを勧める!

⑨時々は、亭主の収入が少ないこと、働きが悪いことを愚痴り、亭主をいじめる!

⑩仕上げは、亭主が頭が痛い、めまいがするといっても、気のせいだと励まし、 決して医者には見せぬ事!

・・・・なんて鬼のような奥様なのでしょう・・・。以上のことを実行すると、本当に早死にしてしまいますが、要するに、この10カ条の真逆を実行すれば、大切なご主人は生き生きと長生きされる事間違いない!!ということを教えてくれているのです。
ぜひ皆さんもご自分や、旦那様の健康管理のために実行してみてください。くれぐれもそのまま実行しないように☆ 

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ

「亭主を早死にさせる10ヶ条」のお話☆ への3件のコメント

  1. ばけらった

    家でもダメダメなばけらったです。
    絶対うちの嫁にはみせれません。コワーイ。

    今日は子供共々お世話になりました。
    やはりドライアイ・・・だった。

    返信

  2. admin

    >ばけらったさん
     
    お見えになってたの、ばけらったさんだったんですね~

    声かけてくださったらよかったのに!

    でも「ばけらったです・・。」とは言いにくいですね。
     
    スタッフみんなビックリしてました。

    お会いできてよかったです。

    また検診にいらして下さいね!!

    返信

  3. ばけらった

    さすがに受付で「ばけらったですが・・・」とは言えませんでした(笑

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA