やまめのまとめ 9

ちょっと勘違いしていたこともあったので

やまめの力をいれないペダリング。
猫背ではだめな理由。
体重を利用したペダリング。
ハンドルを引かない理由。

についてです。

坂道を歩いて下るとき、背中をまっすぐにして倒すと自然に足が出ます。
これがやまめのペダリングのイメージです。
この時、平地や上りのように
力をいれて脚を前に出すイメージはないはずです。

猫背(へっぴり腰)だと脚は出ません。
体重が重い人の方が前に出た脚に重さがかかります。
骨盤を倒すことによって坂に似た状態を作り出すわけですから
前に倒した体を、ペダルと、腕で支えることになります。
つまり、ハンドルはひきません。

坂道が急になればスピードはあがります。
同じ状態をつくるためには体をもっと倒してやればいいのです。
この時、息を止めて力を入れる必要はありません。
ここで大事なことはやまめのもう一つのキモである軸の話です。

ただ強く倒すだけでは前荷重になってしまうので
座る場所を後ろに引いて軸を変えないように乗る必要があります。

マサル先生はペダルは勝手に回る
引き脚は使わない
と説明していました。

やまめを開眼したカツヒコさんは
腕の力を抜く、脚を下にだす、座る場所で軸調整と言っていましたが
このことではと思います。

自分の場合、まだ体を腕で支えてしまっているので
ペダルにうまく体重がのりません。
まだまだ要練習ですね。

励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

やまめのまとめ 9 への3件のコメント

  1. ばけらった

    えー、ハンドルに力入ってます。

    やはり朝練を復活させないといけないなー。

    先生、よろしくお願いします。

    返信

  2. カツヒコ

    はい、そんな感じでしょうか。

    しかし開眼なんてとんでもない。
    CP2以降打ちひしがれてます・・・
    またやまめ行きたいですね。

    返信

  3. jin

    >ばけさん

    やまめの道は厳しいですが
    一緒に朝練しましょう。

    >カツヒコさん

    このイメージで乗っていたんですね。
    こんどプラクティスしましょう。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA